2005年12月25日

どうして暗黒なのか

ロックに目覚めて、あらゆるジャンルを聴きまくっていた70年代が過ぎ、80年代に入ってなんとなく生活の中心が音楽でなくなってしまった。これが私の暗黒の80年代の始まりであった。それまでは、"No Music, No Life"だったのが信じられないくらい、80年代はまともに音楽を聴いていなかった。

80年代の最初の頃はまだ学生で、まだ音楽に触れる機会は沢山あった。キャンパスライフでは音楽がまだまだ主役で、その頃のめりこんでいた芝居のBGMの選曲とか、学校でのディスコパーティ(ボール、と呼んでいた)のプレイリスト作りなど、それまでに培ってきた音楽の知識がまだまだ役に立っていた。また、友達を通していろんな音楽を知ることが出来たし、それまで地方に住んでいて行く事の出来なかった輸入盤屋には足繁く通い、それまで行ったことの無かったライブにも行けるようになり、なんか学生時代っていいな〜と言う感じだった。

でも、社会人になって仕事がめちゃくちゃ忙しくなってくると、お約束の通り音楽からは次第に遠ざかってしまった。まさか、自分がそうなるなんて、10代の頃には考えられなかった事態に陥ってしまったのだ。

でも、それは仕事が忙しかったからだけじゃないと思っている。80年代のヒットチャートが私に合わなかったんだと思う。いわゆる産業ロック、大味な薄まった感じのロックは聴く気がしなかった。それから、だんだんとデジタル化していった音楽も苦手になっていった。最初のうちはY.M.Oなど、面白いと思って聴いていたのだが、そのデジタルな感じは聴き続けると非常に疲れてきて、シンセサイザーの音が耳について嫌気がさしてしまった。多分、今のコンピュータならもっと様々な音が出せるようになっているけれど、昔のそれは音が画一化しているというか、要するにピコピコサウンドの域を脱していなかったんだと思う。そのうち、ゲームミュージックなどという分野も現れ、ファミコンの単純なピコピコ音がますます嫌いになっていった。

パンクも最初の頃は面白いと思って聴いていたが、だんだんその単純さに嫌気がさして聴かなくなってしまった。パンク、ニューウェーブ路線でいいなと思ったのはストラングラーズとかテレビジョン、トーキングヘッズくらいなもんだった。

それから、いつの間にかMTVの時代が始まったのだが、全然知らなかった私。マイケルジャクソンのスリラーのヒットで、なんとなくプロモーションビデオなる存在があることはわかっていたけど、そんなもん見る暇無かった。せいぜい、ベストヒットUSAをちらっと見るくらい。でも流れるヒットチャートはどれもこれも興味の無いものばかりで、いつの間にかそれも見なくなっちゃった。たまに聞くラジオでも、面白い、と思えるようなものは聞こえてこなかった。そんな状態だから音楽雑誌も全然買わなかったしね。

会社の同僚にもやはりロック好きはいて、彼らからいろんな情報はなんとなく流れてきてはいたけれど、またちゃんと音楽を聴こうと言う気になるようなものはなかった。

なんだかんだで、流行り物には興味がもてず、かといって、マニアックなものには手を出せる状態でもなく、また、以前聴いていた音楽を積極的に聴こうという気にもならず、悶々とした状態で80年代を過ごす私であった。。。

このあと、いったい暗黒の80年代はどうなるのか〜!!(続く。。。といいけれど^_^;)

BGM: Keane "Bedshaped"
posted by tomtomradio at 01:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 暗黒の80年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。