2005年07月10日

Pink Floyd

ライブ8に出たピンクフロイドを見た。もし、ライブ8にフロイドが出なかったら、徹夜みたいなことまでして見なかったかもしれない。最初、フロイドが再びロジャーを加えてこのステージに出る、と聞いたとき、ちょっと信じられなかった。もう2度とこのメンバーが揃うなんて想像もしていなかったから。2、3年前に出たフロイドの初のベスト盤の編集にロジャーも加わった時、何かが変っていたのかもしれない。でも、一緒にステージに立つなんて、ありえないと思っていた。

ステージ上のフロイドたちは、実に穏やかな表情をしていた。確執?そんなのもういいよ、と言いたげな顔だった。
もしかして、ステージに揃って立つためにライブ8はとても都合のよい言い訳になったのかもしれない。本当は一緒にやろうよって言いたかったのに、素直にそれが言えなかったんじゃないの?なんて、勘ぐってみたくなる。

でも、その後のニュースで、大金を積まれてもツアーはやらない、といっているようだ。まあ、これはわかる。フロイドのステージともなれば、それこそ、何十万人のファンが見たいと思うだろう。その思いを受けとるためには、相当の覚悟でやらなければ出来ないことだし、彼らもそれをやるには悲しいけれど年を取り過ぎている。これからはフェスか何かで、やりたいときだけステージに立ち、あとはスタジオでまた創作活動に入ってくれたら嬉しいと思う。

私がピンクフロイドを知ったのはその昔、NHKのヤングミュージックショーで「ライブ・アット・ ポンペイ」を見たときだったと思う。あのポンペイの遺跡で、フロイドたちが黙々とエコーズや吹けよ風呼べよ嵐を演奏していた。それはもう強烈な印象だった。もちろんビデオなんて無い時代だったから、見て聴いて感じることしかできなかったけど、その映像と音楽は心に焼きついた。後に、「ライブ・アット・ ポンペイ」はLDで買ったのだけど、今ではLDプレーヤーが壊れてしまい、残念だけど見ることは出来ない(:_;)

でも、何故かフロイドのレコードは一枚も買ったことが無かった。狂気でさえ、買わなかった。たぶん、FMのエアチェックで全曲ゲットしたからだと思うけど。フロイドはそうやってエアチェックや友達のレコードを借りて済ませていたのだった。そういえば、狂気が出た当時友達と近所の公園で遊んでいたら、どこからか狂気が大音量で鳴り響いていたのを聴いたことがあった。私はすぐに、あ、狂気だってわかったけど、友達はフロイドなんて知らない子達ばっかりだったから、一人でニヤニヤしながら鑑賞していた。外にも聞こえるくらいの大音量の狂気、聞いていたのは一体どんな奴だったのだろう。

80年代に入り、フロイドも色々あったらしいが、私はそんなこと全然知らなかった、なんせ、音楽なんてあまり聴いていない時期だったから。それでも、"A Momentary Lapse of Reason"(「鬱」)を友達に借りて、何かフロイドも随分と聴きやすくなったなあ、なんて思っていたら、それにはロジャーが参加していなかった、というオチだった。それでギルモアとウォーターズは仲違いをしてフロイドが分解してしまったと言うことをようやく知ったのだった(遅いよ)。それ以降のフロイドはあまり聴かなかったけど、古いフロイドは好きでたまに聴いていた。

そして月日は流れ、フロイドのベスト盤が出ると言うのを聞き付け、初めて彼らのCDを買った。久しぶりに聴くエコーズ、エディットされて短かったけど、懐かしいフロイドに出会えて嬉しかったし、やはりフロイドは凄いと思った。あのヤングミュージックショーを見たときからもう何十年もたっているけれど、フロイドは私の心のどこか片隅にいつでもいたことに改めて気がつかされた。

そして見たライブ8、そのフロイドの姿に再度私のフロイド熱は上がっている。やっと狂気と炎を買う気になった。狂気はSACDバージョン。プレーヤーは無いけれど、絶対にこれがいいよと薦められたのでこれにした。ジャケットが違うのがちょっと。。。だけど、どうせオリジナルのLPサイズじゃないし、それはどうでもよい。炎は、ライブ8での"Wish You Were Here"に感動したという単純な理由。そのうち、オリジナルのエコーズの入ったおせっかいも手に入れなきゃ。。。



BGM: Pink Floyd "High Hopes"
posted by tomtomradio at 02:06| Comment(11) | TrackBack(11) | これで育った70年代前後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえずフロイド復活ですね。クリーム一時再結成と似たように何か思惑があるのかもしれません。クリームの場合はジャックブルースの体調をかんがえての再結成みたいですが。フロイドは代表作は持ってはいるもののそこまでのめり込んで聞いてはいません。でも、テクに関係なくあの世界を作り出してしまうのはまさにすごいとしかいいようがありません。ある意味キッスを思い出す。
 でも、もう「神秘」はしないんだろうな。あの曲が一番好きなんだけど。
Posted by ITORU at 2005年07月10日 18:40
「狂気」なんかはCDで聴くことによって、アナログ盤などでは聴けなかった音すら聴けると思います。「あなたがここにいて欲しい」含めて、死ぬほど聴いちゃってください!
Posted by zeppelin_2 at 2005年07月10日 19:25
ITORUさん、私もマニアックになるほどフロイドが好きと言うわけじゃないです。でも、彼らの世界にとても惹かれます。出会いがちょっと衝撃的だったからかしら?私にとってはやはり特別な存在です。
ライブも見たことないので、今後万が一、見る機会が出来たら絶対に見に行きたい!生エコーズが聴きたいわ(^^)
それが無理でも、新作にはぜひ取り組んで欲しいですね。
Posted by tomtomradio at 2005年07月11日 14:43
zeppelinさん、この2枚もいいけれど、やはり、私が今一番聴きたい(見たい)のはライブアットポンペイです。
LDプレーヤーなんてもうオークションでしか手に入らないだろうし、他にもいっぱいあるんです、LD。DVDで買いなおすのも悔しい。
でも、この前ザ・バンドのラストワルツはDVDの安さ(900円しなかったよ)に負けて買いなおしました。フロイド聴くのに忙しくてまだ見ていないけど(爆)
Posted by tomtomradio at 2005年07月11日 14:54
 ライブアットポンペイは名作です。ロジャーウォーターズがベースの音をずっと試しているところがしびれます。ビースティーボーイズのPVにもこれの真似が出てきます。
Posted by ITORU at 2005年07月11日 19:51
ライブアットポンペイは、自分も名作だと思います。ぜひ、DVDで手に入れることをお勧めします。DVDには、デレクターズカット版と劇場公開版の2種類が楽しめます。
Posted by zepp64240 at 2005年07月16日 08:44
やはりライブアットポンペイは買いですね!

ITORUさん
>ロジャーウォーターズがベースの音をずっと試しているところ
記憶に無い。。。ビースティーもフロイド好き?

zepp64240さん、早速のコメントありがとうございます。LDプレーヤ捜すより、DVD買ったほうが良さそうですね♪

Posted by tomtomradio at 2005年07月16日 15:09
こんにちは。トラックバックさせて頂きました。よろしくお願いします。(^^♪
Posted by axis_009 at 2005年07月31日 17:48
こちらこそありがとうございます。私もTBしました〜よろしくです♪
フロイド、来日しないかな〜(しつこい?)
Posted by tomtomradio at 2005年07月31日 20:40
ピンク・フロイド見たいですよね。
私もライブ8はピンク・フロイドを見るために徹夜しました。(でもあの時間だったら早起きした方が良かったかも)
でも、そのおかげでいろいろ見ることが出来てよかった、というのもありますけどね。(^^♪
Posted by axis_009 at 2005年08月03日 00:04
またフジ721で完全版とか言うのを再放送しますね。まだこの前取った奴を編集していないのでHDDに空きがない。。。また徹夜はイヤなので、頑張って空きを作らねば^_^;
今度はこの前流れなかったディープパープルとかニールヤングを見たいです。
Posted by tomtomradio at 2005年08月03日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4958641

この記事へのトラックバック

ライブ8の深層(三)英国式無銭外交二
Excerpt:  アフリカ諸国に対するイギリスの債権は日本の千分の一である。そのイギリスからやって来たロックスターが日本に債権を放棄しろ、援助をもっと増やせ、アフリカからの輸入を増やせ、もっと高い値段で買え、と言って..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-07-10 13:21

ピンク・フロイドを観た
Excerpt: 今更ですけど、ライブ8のフロイドの様子をやっと見ることができました。 ライブ8がおわって1週間が過ぎてますが。わっはっは〜。 ちかちーさん情報によって下記にて個別の4曲を簡単に観ることが。 ..
Weblog: ROCK CD & DVD BUYER'S GUIDE
Tracked: 2005-07-10 19:26

70年代を代表するロックな名曲(10)
Excerpt: 公私様々な理由で、ほぼ一ヵ月半更新ができませんでしたが、やっと土日は落ち着ける環境になりましたので、久しぶりに更新します。 今日の一曲は「The Great Gig In The Sky/Pin..
Weblog: ♪今日聴いたこの曲♪
Tracked: 2005-07-13 19:19

70年代を代表するロックな名曲(10)
Excerpt: 公私様々な理由で、ほぼ一ヵ月半更新ができませんでしたが、やっと土日は落ち着ける環境になりましたので、久しぶりに更新します。 今日の一曲は「The Great Gig In The Sky/Pin..
Weblog: ♪今日聴いたこの曲♪
Tracked: 2005-07-13 19:19

ピンク・フロイド(ザ・ウォール)
Excerpt: 今日は、ピンクフロイドの二番目のヒット作「ザ・ウォール」です。
Weblog: 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!
Tracked: 2005-07-15 17:40

The Dark Side of the Moon/PINK FLOYD
Excerpt: The Dark Side of the MoonPink Floyd[ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] 驚異的なロング・セールスを誇る、ロック史上最大のベスト..
Weblog: OOH LA LA - my favorite songs
Tracked: 2005-07-31 17:51

LIVE8
Excerpt:  7月2日の22:00からAOLのサイトで見始めて、各会場を切り替えながら結局翌朝の10:00まで見てしまいました。このままでは昼夜逆転してしまいそうだったので、その後も頑張って起きてたんですが、夕方..
Weblog: Rock! ALBUM SELECTION
Tracked: 2005-08-03 00:04

ピンクフロイド「ザ・ウォール」のトリビュート盤で発表!
Excerpt: プログレッシブ・ロックを語る上で欠くことの出来ない存在であるピンクフロイド。世代が違う事もあり、黄金期の彼らをリアルタイムで見聞きする事は無かったが、彼らの影響力はその後のミュージシャンからも感じ取れ..
Weblog: iN-phase,Horyの部屋
Tracked: 2006-01-03 14:07

Live8で、ピンクフロイドが歴史的な演奏を♪
Excerpt: Live8の全世界同時衛星生中継を、ほとんど徹夜してみた。明け方、うたたねしてしまったが、個人的に、一番感動したのは、やはりピンクフロイドの演奏だ。ピンクフロイドは、「狂気」「炎」「ザ・ウォール」など..
Weblog: ラスタ・パスタのレレ日記
Tracked: 2006-01-13 23:55

ピンク・フロイド 3
Excerpt: NO.00345 ピンク・フロイドのデビューアルバム『夜明けの口笛吹き』 何と表現すれば良いのでしょうか。 このロック界のモンスター・バンドのデビューアルバムを。 “サイケ”“不思議”..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-08-24 13:27

ピンク・フロイド 5
Excerpt: NO.00722 ピンク・フロイドのアルバム『狂気』 『狂気』のすすめ。 『狂気』を聴いています。 もっと正確に言うと今日は『狂気』を聴きたい日です。 この歴史的大傑作アルバムは、音..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2007-02-22 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。