2005年06月17日

Free "All Right Now"

今日AFNで流れた一曲。1970年発表のフリーのアルバム"Fire and Water"に収録。さすがにこれはリアルタイムで聴いてはいない。ちょうど私が洋楽にはまり出した頃は、彼らのラストアルバム"Heart Breaker"が出て、その後Bad Companyのデビューが話題になっていたと思う。でも多分Bad Companyつながりで、割とすぐに知った曲なので、それなりに当時から有名だったのだろう。

文句なしに純粋にカッコいい!!と叫べる曲。久しぶりに聴いたけど、やはり良い。これ以上、何も付け加える必要もないし、これから何かを抜くことも出来ない、完璧な曲だと思う。音的には、スカスカである。でもその隙間から、なんともいえぬ緊張感がほとばしっている。4人が勝負しているって感じ。切れの良いギターリフ、うねるベースライン、気持ちよく決まるドラミング、そしてポール・ロジャースの、ロックボーカルはこうあるべきって感じのフェイクを生かした歌声。この曲で、ロックってこんなにカッコいいもんだって知ったようなものだ。これを作った当時、彼らは若干20歳くらいだったそうだ。それでこんな曲が作れちゃったってことは歴史的な出来事だったのかもしれない。余談だが、20歳ときくと、今はThe Musicを思い浮かべてしまう。彼らもデビューの頃は20歳くらいで、その時私は結構凄いことをしているバンドだってちょっと感銘を受けた(2ndでちょっとこけたかなって思っているけど…^^;頑張れ、The Music!!)

他のフリーの曲は、この曲ほどスカッと聴けるのはないような気がする。もっと湿っぽいのだ。"Wishing Well”も好きだったけど、泣きが入っているよね。Bad Companyも何か、ちょっと軽いし。結局私はフリー、そしてバッド・カンパニーにははまらなかったけど、この曲だけは特別だ。永遠にカッコいい曲として心に刻んでおこう。

BGM: The White Stripes "As Ugly As I Seem"



posted by tomtomradio at 00:35| Comment(4) | TrackBack(1) | 好きな曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ALL RIGHT NOWはファイアー&ウォーターのほうですか?シングル盤?自分はこの曲はフリー・ライブで聴いたのが始めてで衝撃的でした。ドラムもかっこいいし、ベースの入りもかっこいいし。ギターもヴォーカルも。フリーはライブはめちゃくちゃ好きだけどスタジオ盤はそこまでのめり込みませんでした。フリーのビデオも持っているけど、アンディフレイザーが可愛いです。さすがメインコンポーザー。
Posted by ITORU at 2005年06月17日 21:30
聴いていたのはスタジオのものだったですね。シングルとアルバムで長さ違っていたような気がします...ライブ盤聴いたこと無いです(:_;)動いているフリーも見たことないわ^^;
アルバムはWishing Wellの入ってたのを聴いてましたが、ちょっと湿っぽすぎて私はあまり好みではなかったかな。
Posted by tomtomradio at 2005年06月17日 23:25
 昔バッドカンパニーが「夜明けの刑事」のテーマ曲をしていたのを知っていますか?ポールロジャースの奥さんのマチさんの関係なんでしょうか?そのことを思い出すと頭の中に「よあけーのーけーえじ」と歌うポールロジャースの声が耳から離れなくなりました。
Posted by ITORU at 2005年06月19日 21:45
おお、かすかに記憶の片隅にあるような...曲は覚えていないけど。なんかポールって日本の武士にいそうな顔つきじゃないですか?ちょんまげ、刀が似合いそう(^^♪
Posted by tomtomradio at 2005年06月20日 14:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Free - Highway
Excerpt:  ロック界で唯一「The Voice」と異名を取る男、ポール・ロジャース。本ブログにも何度か登場しているんだけどこの流れならばやっぱり登場してもらわないとね♪ やっぱり一番好きな??
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2006-03-10 23:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。