2005年06月13日

The White Stripes & Robert Plant

いままでホワイト・ストライプスって、シングルになったの以外はちゃんと聞いたことなかった。でも、間違いだったわ(T_T)
つい最近前作Elephantを買ってその良さにようやく気付き、慌てて新作Get Behind Me Satanも購入。これがまた入魂のブルースアルバムである。ロックの魂ともいえるブルースがそこにはあった。
一曲目こそ、シングル向けと割り切った切れの良い曲を持ってきているけど、後は予想を裏切る展開に。ジャックはもう周りを振り向くことなく、自分の道まっしぐらという感じである。やりたいことをここまで自由にやられちゃうと、もう感服するしかない、どうぞ、お好きなようにって感じ。そして、最後のピアノ弾き語りを聴くあたりには、自然と涙が出てくる。リピートして聞くと、一曲目が邪魔な感じ。

このアルバムを聴くと、ギターなんて彼にとっては表現手段の一つでしかないってことがよくわかる。彼は根っからのブルースマンなんだろう。この前TVで彼らのPV特集をみていたら、カントリー歌手ドリー・パートンのヒット曲 『ジョリーン』(オリビア・ニュートン・ジョンが歌って有名になったっけ)をカバーしていた。こんなのを自然にやれちゃう彼らを見ると、ブルースだけじゃなくて、アメリカに古くからある音楽に育てられたんだろうなと思う。ジャックがカントリーのロレッタ・リンのプロデュースもしたというニュースもあったしね。

ところで、ジャックの歌声ってやっぱロバート・プラントにそっくりだよね。本人は嫌がるらしいけど。聴けば聴くほど、似ているなあと思っちゃう。でも、ジャックは歌って弾けるんだぜ!!ということで、ジャックの勝ちね♪なんてことを思っていたら、たまたまCSのStarDigioで、ロバート・プラントの新作"Mighty Rearranger"が流れていた。先週も実は少し聞いたのだけど、なんか、ツェッペリンから解放された肩肘張らないロバートがそこにはいた。彼のソロはあまり聴いたことがないので他はどうかは知らないけれど、彼も自由に自分のやりたいようにやっているように思えた。あれだけ有名なバンドにいたら、その遺産を食い潰すようなことしかしないような人が多い中、ロバート・プラントは自分の立ち位置をしっかりと固めているような感じもした。ちょっと意外だったなあ、前にTVでPage&Plantをみて幻滅していたので…う〜ん、ソロいいなあ、欲しくなっちゃうよ。

そんなことを考えながら聴いていたロバートの声、やっぱりジャックの声にかぶるよ〜(>_<)

BGM: The White Stripes "Instinct Blues"


posted by tomtomradio at 10:24| Comment(9) | TrackBack(4) | 現在進行形90年代以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロバートプラントの新作はいわれているとおりやっとゼップから解放されたプラントの姿があります。
ホワイトストライプスは買おうと思っていますがなかなか手がでません。自分としてはビリーコーガンの声を思い出してしまいます。自分は同時期ということでストロークスが好きです。
Posted by ITORU at 2005年06月13日 19:00
こちらでははじめまして。ワタクシ実はこういうものです(名前がね)
わーいわーい。ココのブログすごいですね。tomtomradioさんの音楽遍歴が少しだけ分かるような気がします。TBありがとうございました。そしてTB返し!!!
Posted by yoko at 2005年06月13日 22:54
ITORUさん、いいですよ〜ストライプスは(^^)v最近ではマーズヴォルタに続く私のヒットですよ!両者は音の密度からしたら正反対ですが、なんかロックのスピリットを未来に繋げてくれると思わせるバンドです。ストロークスは...私にはようわからんバンドです。サマソニで見たんだけど、マイ・ウェイを歌っていたのが印象に残っているだけだわ^^;
Posted by tomtomradio at 2005年06月14日 09:23
yokoさんなのですね、実は。私も実はtomtomradioです^^;こっちはひっそりとやっているつもりだったのですが、何か最近ちょっと賑わってきました。どんどんコメントしちゃってください、それ違うとかでもOKですよ〜
しかし、ストライプスいいね(^^♪ジャックの見た目がだんだん鬼気迫る感じに変ってきているし、何か新しいロックスターの誕生って感じですね!
Posted by tomtomradio at 2005年06月14日 09:29
ベックとは違った意味で伝承音楽を自分なりに消化しているアーティストって感じがします。今現在、これほどまでに自己を表現し、なおかつ他者に感銘を与えることが出来るアーティストって貴重ですよね。
Posted by 山田さん at 2005年06月15日 18:31
山田さん、早速のご訪問&TBありがとうございます(^^)
ベックは何かちょっと計算しているようなところも感じるのですが、ジャックは何かそんなの関係ないって感じですね。両方好きですけど。
Posted by tomtomradio at 2005年06月15日 23:14
最近のプラントを写真で見たら
それはそれは「おじいちゃん」で
ちょっぴり悲しくなりました。

プラントはZEP時代に激しく歌いすぎて
声帯かなんかを痛めてしまったらしく
ソロになってからは、穏やかな曲が多いですよね。

ついでに、ペイジも「おじいちゃん」でした…。
Posted by at 2005年06月18日 01:22
↑ 名前も名乗らず失礼しました・・・。
Posted by toshki_ramone at 2005年06月18日 01:22
そうなんですよね、何でzepのメンバーはあんなに年老いた感じになっちゃったんだろう、と悲しいです。なんせ、ジミーペイジは高校時代の私のアイドルでしたから(下敷きに写真入れてました^^;)、最近のジミー見るとがっくりですよ(:_;)
同じく年取っていても、ストーンズやエアロは何であんなにカッコいいんでしょう...
Posted by tomtomradio at 2005年06月18日 14:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

The White Stripes 【Get Behind Me Satan】
Excerpt: THE WHITE STRIPESのジャックホワイトさんご結婚だそうです。 おめでと〜!!! http://www.v2records.co.jp/special/a058_sc/050601..
Weblog: UK ROCK 食いつくし
Tracked: 2005-06-13 22:51

THE WHITE STRIPES 『GET BEHIND ME SATAN』
Excerpt: 久々に新作のレビューを。 近頃、ロックリバイバルだとかなんだとか言われ、 沢山のロックバンドが世に排出されている。 その始まりはTHE STROKESが出てきてからだとか、 あるバンドについて○○の..
Weblog: ストロボライツ
Tracked: 2005-06-14 01:35

Get Behind Me Satan/The White Stripes
Excerpt: あちゃ・・・・・。 「The Coral」を聴いた後にこれを聴いたんだけど。 「The Coral」以上に「期待以上」の作品です。 ここまでくると「Oasis」の新譜がかすんじゃいました。 「..
Weblog: 山田さんの好きなもの!
Tracked: 2005-06-15 18:32

赤、白、黒
Excerpt: 映画「コーヒー&シガレッツ」ではエンディング曲だった「ブルー・オーキッド」から始まる、ホワイト・ストライプス「ゲット・ビハインド・ミー・サタン」 1曲目以外は結構、オーソドックスなブルース。ただ..
Weblog: PUSH THE BUTTON
Tracked: 2005-07-05 19:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。