2005年05月09日

オヤジたちよ、新しい音楽も聴きなさい

オヤジ世代が今の洋楽CDの売り上げに貢献している、と言う趣旨の記事を週刊誌で見た。なるほど、余裕が出来たこの世代、今の洋楽は聴く気にならんが、昔取った杵柄ってやつで、古いものなら任せろ、ということか。それで最近復刻版だの、紙ジャケシリーズだの、DVDボックスセットだのがやたらに出ているのは、こういうオヤジを狙っての事なのね、ふ〜ん。でも、何で、今更70年代なの??懐かしいだけ?他に聞くもの無いの??

確かに、LPでしかもっていないようなものは、今更レコードプレーヤーまた買うよりは、CDで復刻したものを買うほうが気軽という面もある。リマスターというのに弱いんだな、これが。それに、ここ何年かの傾向として、CMでやたらに古い洋楽が流れて、オヤジたちの記憶を刺激する。曲当てするのは楽しいしね。加えて、最近オールドバンドのライブがやたらに多くない?日本でも海外でも。イーグルス最後の来日、なんて聴くとやはりオヤジたちは黙っていられないのだろうなあ。私は、あ、そうなんだ、で終わったけど。まあ、いろんな要因があって、最近の懐古ブームとなっているのだろう。

若い世代でも70年代に興味を持ってくれる人たちが最近多いと思うのだけど、こういうのは嬉しい。自分が好きなアーティストの音楽のルーツをたどっていくと、自然と古いものにぶち当たるものね。まだまだ私だって知らない70年代の凄いアーティストもいると思うし、温故知新で古いものを聴くのは素敵なこと(^^♪

最近の洋楽だって、オヤジ世代が楽しめる物だってたくさんあると思うのだけど、きっと新しい曲を知る機会が無いのだろうな。だって、面倒だものね、新しい音楽を発掘するのって。あ〜、何かもったいない、せっかく購買力のあるこの世代に、わざわざ古いものしか買わせないなんて。(オヤジたちよ、古い洋楽で感覚を取り戻した後は、マーズヴォルタを聴きなさい!!)レコード会社も、旧譜と一緒に新譜も買ってもらえれば儲けも2倍じゃない?

そういう私も数年前、ツェッペリンの紙ジャケシリーズ買っちゃいました(^_^;)でも、LPジャケットのもつ独特の迫力と言うものは全然感じられなくて、何かおもちゃみたい。で、CDのほうは、持っているだけで殆ど聴いてません^^;なんか、ZEPはもちろん好きなんだけど、今更聴きたいとはあまり思わない…

ちなみに私の購入するCDの新旧世代の比率は、95%が90年代以降。LPで持っていて買いなおしたのは最近ではオールマンのフィルモアイーストくらいで、滅多に古いものは買わない。でも、実はHMVのGW中のポイント2倍セールで、ついふらふらと買ってしまったのが、The Beach Boysの"Pet Sounds"。実はまだ聞いた事無い(^^ゞでも、これはかなりの名盤とのうわさで、是非聞いてみたかったのよ。まだ届いていないけど、楽しみだわ(^^♪

BGM: Stevie Wonder "My Cherie Amour" なんだかんだいって、古いの聴いてるじゃん、自分^^;


posted by tomtomradio at 14:33| Comment(9) | TrackBack(1) | なんでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>私の購入するCDの新旧世代の比率は、95%が90年代以降

ふへぇ〜〜!すごい。僕は50%くらいでしょうか。
・・っていうか、最近全然CD買ってませんでしたが。
ブログはじめて、また買い始めております。
Posted by zeppelin_2 at 2005年05月16日 22:49
私は皆さんのブログに刺激されて、再び70年代に関心が向いてきました。でも、悲しいかな、所有しているのはレコード、聴きたくてもすぐには聞けないんです(:_;)
Posted by tomtomradio at 2005年05月17日 12:46
>所有しているのはレコード、聴きたくてもすぐには聞けないんです(:_;)

当然ながら、CDに買い替えです。わっはっは〜。
Posted by zeppelin_2 at 2005年05月18日 14:13
はい、そのオヤヂです(^^;
そういう歳になると昔を懐かしんじゃうってのはみんなそうみたいですよ。その時に若い頃洋楽にハマっていた人たちが今CD買い出すんでしょう。オヤヂ達も中高生だった頃はこづかいでおいそれとアルバム高いので買えませんでしたからね。今になって青春時代を買い戻しているような感じかな。
と言いながら昨日は珍しく今年リリースされたCD買いました。ポールギルバート(Mr.BIG)のソロです。
Posted by kantory at 2005年05月26日 12:39
kantoryさん、私もオヤジと同世代ですので気持ちはわかるんです。また青春してるって良いですよね〜昨日もTVでオヤジバンドが取り上げられていました。オヤジ世代が昔は買えなかった高価な楽器を買い込んでバンドを組んで楽しんでいるって。私はバンドなんてやったことないから楽しそうでいいな〜って見ていましたけど。
でも、私は昔を懐かしむことから一歩踏み込んでやはり新しい音楽にも目を向けて欲しいなあと思います。面白い人たちはたくさんいるので…
Posted by tomtomradio at 2005年05月27日 13:27
はじまして。若いモンの中ではマシーンズとディアオはいいですね、ヴォルタもとてもいいですが、一言いいたいのは、35年ほど前に存在したMC5があってのヴォルタですから、間違いなく。トシをとれば見えてくるとは思いますが、本物のロックを追及すれば6/70年代にいきつく他ありませんので、よろしくお願いします。ロックにほんモノもニセものもないだろうと、知らんというのなら、それはそれでいいのですが。
Posted by 一親爺 at 2005年07月19日 22:05
一親爺さんコメントありがとうございます。
まだまだ60,70年代を捨てたわけじゃあありません。最近もドイツのプログレバンドCANに遭遇し、こんな音を出していた奴らがいたのか!と再認識したばかりです。奥は深い、と思いますよ、この時代は。
でも、最近の若い世代の作った音楽を聴いたからこそ、CANの影響力とか、私は聞いたこと無いですがMC5の凄さみたいなものが改めて判る気もします。
要は、好奇心、じゃないでしょうか。古くても新しくても自分の聞いたことの無い音を求める気持ちがあればいいんじゃないかと思います。遡るもよし、新しいものを追求するもよし、です。
Posted by tomtomradio at 2005年07月20日 09:15
新しいのも聞きますが(特に日本の)、60〜70年代の音楽にこだわるわけもあります。すこしずつ自分のブログで触れていきます。いわゆる懐メロ扱いしているわけではないと一言だけ。
Posted by トンキチ at 2005年08月21日 09:10
こうしてブログに色々書いていらっしゃる方たちは、単なる懐古趣味ではないと私も思います。私も古いものについても書きますが、それはたまたま古い時代のものだっただけのことです。私は私の好きと思ったものについて書いているだけなんで。。。いろんな音楽に触れるのは素敵なことなので、それを皆さんと共有したいのです。
トンキチさんのブログも楽しみにしてます♪
Posted by tomtomradio at 2005年08月21日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ネットで無料なプロモーションビデオをみる(・∀・)
Excerpt: 洋楽が好きで聞いてるんですけど、残念ながらスカパーやらケーブルテレビ家に入れてないので、 みれないです・・・(;´Д`) が、ネットって便利ですよね。無料でネットラジオなんかもあって好きなジャンルだ..
Weblog: どこまで逝けるか懸賞生活
Tracked: 2005-05-09 17:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。