2006年09月21日

Delaysに、惚れた〜♪

前回取り上げたのがThe Mars Volta、今回取り上げるのはDelays。全然共通点がないな。はあ、一体どういう耳してるんだ、私。

ディレイズは、イギリスのサウザンプトン出身の4人組。2004年に1st"Faded Seaside Glamour"を、今年、2nd"You See Colours"を出している。

メンバーのうち、殆どの曲を書いているのはGreg Gilbert(ヴォーカル、ギター)とAaron Gilbert(キーボード、ヴォーカル)の兄弟。
ディレイズの一番の特徴でもあるグレッグの高音ファルセットは、女性が歌っているのかと一瞬勘違いするくらい、美しく繊細に響き渡る。でも地声はとてもハスキー。そのハスキーさと繊細なファルセットが楽曲の中で交互に響き渡るのがディレイズのヴォーカルの魅力。その切り替えの瞬間がたまらんのよ〜。癖になるんだな、これが。こんな美声、ここ何年かお目にかかったことがないと思う。というか、今までにあまり聴いたことのないタイプなのだ。
彼が子どもの頃、ウィーン少年合唱団にいた、と言われたら絶対に信じてしまうに違いない(実際は違うけど^^;)。

1stは、まずはその声の魅力を余すことなく伝えようとしている曲が多い感じ。それはそれでとても彼の声を楽しめるし、楽曲もメロディがすごく良いし、ハーモニーやエレクトリックなアレンジも美しく、でもまだ、ぼくら優等生です、と言う感じ。セカンドを聴いた後に聴いたんだけど、全体的に大人しめで、まだまだ正統派のゆったりとしたギターポップと言う感じだ。

でも、セカンドで彼らはガツンと来る曲を作れるようになったと思う。リードシングル"Valentine"の突き出る爽快さ、これは中毒性を持っていて、いったんはまると聴くのを止められなくなる。アルバム全編を通してロック寄りにダンサブルにチューンされて、1stのちょっとお坊ちゃんぽい所がかなり薄まってきた。本編最後の曲"Waste of Space"が僅かに1stの雰囲気を伝えている。
でも、あくまでも端整に、瑞々しく、キラキラしたドリーミーな雰囲気はこの2枚に共通したディレイズの本質とでもいえるもの。こんなに清々しく、純粋なポップミュージックにお目にかかれたのは、いつが最後だったろう。。。

何に似ているかって、例えようがないのだ。巷では、ラーズの再来、なんて言われているようだけど(ちなみにラーズ聴いたことないし^^;)、今ディレイズに似ているアーティストを挙げて、と言われても、すぐには出てこないなあ。

ちなみに、このグレッグ兄弟、見た目もかなり麗しい。私がン十年若かったら間違いなく「王子様」と呼んだだろうなあ(^^♪

 

BGM: Delays "Out Of Nowhere"
posted by tomtomradio at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 現在進行形90年代以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!ウィーン少年合唱団で思いましたが、こんなHPがありました。http://mgs.uic.to/dorama.cgi?room=Wiener
Posted by ma at 2006年11月02日 19:53
見ましたよ〜、なんか少女マンガの世界になりそうなHPですね〜(笑)
Posted by tomtomradio at 2006年11月10日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。