2006年06月28日

"To Exit Music (Radiohead Tribute)"

新作の待ちぼうけを食らって、色々と浮気したくなっている今日この頃^_^;
来週にはトムの新譜が出るけれど、新作まで間が持たない、と嘆いている人たちに、レディオヘッドのカバーをちょっと紹介。
ジャンルを超えて、レディオヘッドが多くのミュージシャンにカバーされているのはとても興味深い。中には、なんだ、これ?というのもあるけれどね^_^;

最近聴いたのは、"To Exit Music (Radiohead Tribute)"。今のところ、最新のカバー集だと思う。
でも、殆どがクラブ系のアーティストらしくて、知っているのが全然いない。音も、クラブ系(笑)
ダラダラと、BGM感覚で流せるのが良い。
"High & Dry"がロバータ・フラックの"Feel Like Makin' Love"のノリなんだから。。。まさかこれがR&Bになるとは思わなかった。
"Just"は、原曲がすぐ分かるほどオリジナルに近いけど、ホーンセクションが入っていて、これがまたカッコいい。
"Blow Out"はアコースティックでしっとりと女性ボーカルで聴かせてくれる。
"Karma Police"はジャズ。これ以降の後半は、ちょっと暗い感じ。もう少し、軽いノリのもので締めて欲しかったような気もする。

他にもクラシック系だと、ピアニストのChristopher O'rileyも2枚出しているし、"Strung Out On Ok Computer - String Quartet Tribute To Radiohead"や"Strung Out Kid A: String Quartet Radiohead"なんてアルバム丸々カバーしている弦楽四重奏バージョンまである。

オライリーさんのピアノのレディオヘッドは、ものすごい音数で、どうやって弾いているんだろう、と思ってしまうほど凄いんだけど、聴いているとどうも眠くなってしまうのがなんなんだなあ。。。
弦楽四重奏は、もう完全に喫茶店向けとしか思えない。"Kid A"のほうは聴いたことがないのでちょっと聴いてみたい気もするけど。

ジャズでもBrad MehldauやJamie Cullumがカバーしている。こっちのほうは全然聴いたことない。
カントリー系でも、"Corporate Love: Bluegrass To Radiohead"なんてのがある。

そしてカントリーと言えば、Hard 'n Phirm "Rodeohead"は外せない。
レディオヘッドナンバーのブルーグラス版メドレーだ。ハチャメチャ笑えるんだな、これが(^^♪
「収録曲」は、Everything In Its Right Place, Planet Telex, 2+2=5, No Surprises, Optimistic, Karma Police, Knives Out, Creep, Morning Bell, How To Disappear Completely, Just, Fake Plastic Trees, Nice Dream, Paranoid Android, Subterranean Homesick Alien。他にもワンフレーズだけ出ていたりとかありそう。
Creepが最高に面白くて、"Run~~"の部分が、逃げろや逃げろっ!!て感じ、汽笛まで鳴っちゃって^_^;

え〜、あの曲がカントリーでもイケちゃうんだ、と、笑いの次には感動さえ覚えてしまうこのメドレー、どこかで見つけたら是非聴いてみて〜♪
(以前はhttp://www.hardnphirm.com/に音源があったけど、今はないみたい^^;)

他にも、こんなレディオヘッドがあるよ、って知っている人、ご一報を(^o^)/

  

BGM: Pete Kuzma featuring Bilal "High & Dry"


posted by tomtomradio at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | radiohead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。