2006年04月25日

El Presidente

最近の私のお気に入り、エル・プレジデンテ。

イギリスはグラスゴー出身の新人バンド。新人といっても、フロントマンのダンテは以前は別のバンドでベーシストとして活動していたようだ。そして、このデビューアルバムは、ダンテとその兄が殆どの曲を作って、レコーディングしたそうだ。それからメンバーを集めたらしい(笑)

最初の印象は、明るい元気なT-Rex?マークボランの声をオクターブ上げたようなダンテのヴォーカルと、サウンドのファンキーさによるものだろうか。もろ、70年代の影響を受けているところは、Go! Teamを思い起こす。同じような印象だ。ちょっと郷愁を誘うサウンドというところが共通点かな。モータウンサウンドのような印象もあるし。それに、ダンテ自身はプリンスが大好きなんだそうだ。目指すはプリンス、らしい。ステージに立つ姿も、スーツでバシッと決めているそうだ。

1曲目"Without You"からもういきなり踊らなきゃ、と思わせてくれる。
2曲目"Rocket"は、不思議なグルーヴ感があって、ソウルからの影響がかなり感じられる。
3曲目は笑えるくらいT-Rexっぽい。でも、私はこの曲が一番好きだ。
4曲目は日本でPVを撮っている。ちょっと哀愁を帯びた曲調が日本調?!
どの曲も、メロディと歌詞をすぐに覚えて口ずさめるくらい、とても親しみやすい。これはポップアルバムにとってとっても重要な要素だよね。
こんな風に、アルバム前半は、どの曲もダンサブルにチューンされていて、気持ちよく聞ける。パーティに行ったような楽しい音が聞ける。

反対に、アルバム後半にいくに従い、ちょっと重い感じになってくる。どちらかというと、ロックテイストが増した曲が多くなってくる。
2曲目で打ち上げたロケットが落っこっちゃった?!という印象。

でも、日本盤のボーナストラックの1曲目ではまたモータウンっぽい感じが戻る。そしてラストでは、かのプリンスの"Raspberry Beret"のカバーを実に楽しそうに歌うダンテがいる。

まだまだ、全部が全部いいとは言えないアルバムの完成度だと思う。でも、次作では初めてバンドメンバーと曲を作ることになるだろうから、またどんな風に変るのか、それはそれで楽しみだ。

5月に来日公演があるらしいが、どんなライブになるんだろう?多分、会場はダンスフロアになっちゃうんだろうな。



BGM: El Presidente "Lies"


posted by tomtomradio at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在進行形90年代以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。