2005年12月09日

Live at Astoria見た!

1994年5月27日のradioheadのライブ映像。セカンドアルバム"The Bends"発表の約1年前にあたる時期のライブだ。レディオヘッドの公式に出ているライブ映像はいまだにこれだけ。しかも、やっとDVD化されたときたもんだ。出し惜しみスンナ〜といいたいところだ。。。

さて、その『ベンズ』に収められているトラック"My Iron Lung"はここでのライブ音源が使われているという(ボーカルは取り直したそうだ)。また、この映像はこの曲のPVとしてMTVで頻繁に流されたそうだ。そういう意味でも重要な意味を持つライブであったと思われる。ちょうど、この頃は、『ベンズ』に入れる曲をライブでずっと試しながら演奏していたそうで、スタジオでは上手くいかなかったこの曲もライブを重ねた結果完成したそうだ。(この辺全部"exit music"の受け売りですから^^;)
オーディエンスも、確かに新曲に対する反応は凄く薄い。今じゃ考えられないけど、"My Iron Lung"の前奏のギターノイズのグイーンと伸びる音を聴いても静まりかえっているだもん。でも、曲が終わる頃には大歓声になっているけどね。

今は絶対にやらない曲も満載!特に"Creep"なんて、ライブもまだ中盤の新曲("Black Star")の後にここらで早く済ましとこ、みたいなノリで、いきなり始まるところが面白い。この頃はもう嫌気がさしていたんだろか、この曲に。アンコールに"Pop Is Dead"をやっているのだけど、これはもう絶対にやってくれないよなあ。。。今のレディオヘッドにこれやられてもこっちも恥ずかしいかも(*^_^*)
でも、同じくアンコール最後の曲"Blow Out"は是非とも今のレディオヘッドバージョンで聴いてみたい。

若い、とにかくみんな若い!!トムは金髪だし、ジョニーはふさふさ、さらさらの黒髪だし、エドはなんかそこらの大学生といった風情だし、コリンは長髪を後ろで束ねているし、何といっても、フィルに髪の毛がある!!

見た目だけでなく、演奏もかなりエキサイト&ハードだ。今のレディオヘッドのような余裕綽々感は全然無い。っていうか、余裕無さすぎ。トムは一曲ごとに"Thank You!!!!"の連発だし、エドもかなり動いている。ジョニーもこの頃はギター一本やりだったから、ずっと下を向いて黒髪をたらして引き続けているし。特に、トムはこの直前のライブでエキサイトしすぎて足を痛めているんだそうだ。しかし、そんなこと微塵も感じさせないパフォーマンスを見せてくれている。ちなみに、ジョニーはこの頃からあの右手のサポーターをつけ始めたそうだ。私にはあのサポーターがなんだか大リーグ養成ギブスのように見えて仕方ない。。。

バンドはこの直後に初来日を果たしている。こんな熱いレディオヘッドを見れた人が羨ましい。。。羨ましいと思ったら、是非、このDVDをどうぞ♪(私が買ったのはEUR盤、日本盤は1月に出るそうだ)



BGM: Radiohead "Maquiladora"


posted by tomtomradio at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | radiohead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー!ついに見ましたか?たしかに、今とはかなり雰囲気違いますよねー。僕はビデオで見た当時にもそう思いました(笑)。
Posted by ゆずろぐ at 2005年12月10日 15:55
ハイっ、ついに見ました!!
今とは全然違うはじけぶりが少し恥ずかしいですが、若いっていいな〜と思ってみたりして(^^ゞ
そろそろレディオヘッド欠乏症になりそうなので、ニューアルバムが出るまではこれでしのぎますっ!!
Posted by tomtomradio at 2005年12月12日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。