2005年09月30日

Nirvana

私はNirvanaをリアルタイムでは知らない。ちょうど子育てでかみ振り乱していた頃に出て、消えたバンドだったのでその存在に気がつかなかった。ただ、カート・コバーン死亡のニュースは当時テレビで見た覚えがある。そのときは、ふ〜ん、位にしか思わなかったのだが。。。

洋楽に再び舞い戻ってきた頃、"Smells Like Teen Spirit"を聴いて、この曲聴いた事があると思った。そのとき、初めてニルヴァーナを認識した。これがカート・コバーンだと。。。凄くカッコいい!!と思った。どうしてもっと早く出会っていなかったんだろう、とちょっと悔やみもした。

その後聴いたほかの曲たちも素晴らしいものが多く、ニルヴァーナはすぐに私のお気に入りになった。雑誌にニルヴァーナの特集があれば買い、MTVなどでPVを録画して集めた。花やろうそくに囲まれてアコースティックセットで歌ったMTVのアンプラグドも素晴らしい出来だった。そこには奇抜なロックスターの姿はなかった。

生存中はカートの言動や奇行などに注目が集まっていたようだけれど、彼の音楽家としての才能は素晴らしいものがあると思う。メロディセンスが抜群に素晴らしいし、ロックとしての表現力も並大抵のものじゃない。生き様も、本当にロックスターらしい。というか、そんな風にしか生きられなかったから、自ら命を絶ってしまったのだろうか。。。あのまま生きていれば、どんな音楽を作っていったんだろう。ぜひとも聴いてみたかったと思う。

さて、バンドだけではなく、メンバーも存在していないということもあって、ベスト盤が出たときにはすぐに買ったけど、他のオリジナルアルバムはいつでも買えると思うと、なかなか買う機会がなく過ぎていた。でも、最近国内盤が1470円のシリーズで出たので、ようやく購入したのだった。

バカ売れした2枚目"Nevermind"、3枚目にしてラストアルバム"In Utero"、そしてレア・トラック集"Incesticide"の3枚。通して聴いてみると、やはりブレーク後の"In Utero"はちょっとやけっぱち風に聴こえる。こんなふうにはなりたくなかったんだよ、といっているみたいにカートは怒鳴るように歌いギターを唸らせ、胃薬を飲みながら、最後は悪かったよ、と謝って終わる。。。カートが居なくなった今だからそれはとても悲しく聴こえる。それこそ、リアルタイムで知っていたら、きっとカートの死に凄く落ち込んでしまったかもしれない。

ボックスセットも出ているようだが、私はレア音源を求めるほどのコアなファンではないので、これには手を出すつもりはない。でも、今度、このボックスからのベスト盤が出るという。なんか、せこい商売しているような気がするのは私だけ?だって、さらにレアトラック追加しているんだもん、ファンなら欲しくなるよね。。。誰が仕掛けているんだろう。そのうち、普通に手に入るファーストとアンプラグドは手に入れるつもり。ライブ盤もまだ手に入るのか。。。ここまで揃えちゃうと、やっぱりボックス欲しくなるかな?



BGM: Nirvana "Frances Farmer Will Have Her Revenge On Seattle"
posted by tomtomradio at 01:07| Comment(6) | TrackBack(1) | 温故知新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

Al Stewart "Year Of The Cat"

最近、ちょっとしたきっかけがあって(詳しくは別館の記事を見て^_^)、猫を飼いはじめた。

猫、猫、そうだ、猫の歌っていくつかあったなと思ったうちの一曲がこれ、Al Stewart "Year Of The Cat"。ピアノのイントロが素敵で、アルは優しいけど、ちょっと憂いのある声で歌っている。Al Stewartって、私は結局この曲しか印象に残っていなくて(このアルバムは聞いていたけど^^;)他にどんな曲をやっていたかは良く知らない。でも、この曲1曲だけでずっと私の記憶に残っているのだった。

他に猫の歌で思い出すのは、Harry Chapin "Cats In The Cradle"(アコギのイントロが印象的な一曲)、Ted Nugent "Cat Scratch Fever"(テッドがDamn Yankeesにいたってこと、つい最近知りました^^;)、猫の歌じゃないけど、Cat Stevens。。。すまん(^^ゞ

ハリー・チェイピンの"Cats In The Cradle"と、アル・スチュワートの"Year Of The Cat"、どちらも甲乙つけがたく好きなんだけど、アルの声のほうが私好みなので、こちらをタイトルにあげさせてもらった。

他に、Ben Sidranがアルバムで"Cat and the Hat"というのを出している。これ、持っているけど久しく聞いていない、レコードだから。。。

最近はどんな猫の歌があるんだろう?知っている人がいたら教えてください(^o^)/



BGM: 猫の鳴き声(夜中にお腹空かして鳴いているのかしら?)
posted by tomtomradio at 02:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 好きな曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

Blue Oyster Cult "Don't Fear The Reaper"

先日、AFNで聴いた1曲。

ブルー・オイスター・カルト(BOCと略させて)は70年代に活躍したアメリカの『元祖』ヘヴィーメタルバンドである。日本での知名度は今ひとつか。でも数年前、ヤンキースに松井秀樹が行ったとき、ゴジラ松井にちなんで、BOCの"Godzilla"がTVでよく流れていた。この曲、もちろん日本のゴジラのことを歌ったものだと思うが、途中に、日本語のナレーションが入るのだ。アナウンサーがニュースで、東京にゴジラが来ましたのどうのこうの、と言っているような内容だったと思う。これを聞いたときはこいつらコミックバンドか、と一瞬思ったのだが、本人たちは大真面目で、音は正真正銘のヘヴィーなロックだった。

そんなBOCの"Don't Fear The Reaper"(日本語タイトルは「死神」)は、ギターのアルペジオが流れるように印象的で凄くメロディアスな名曲だ。これはアルバム"Agents Of Fourtune"(日本語タイトル「タロットの呪い」、ジャケ絵の登場人物がタロットカードを持っているから?)に収められている。当時はこのアルバムと、出た順番はよくわからないけれど、"Tyranny & Mutation"(日本語タイトル「暴虐と変異」)、"Spectres"(これは日本語タイトル覚えてない、前述の"Godzilla"が収められている)の3枚をよく聴いていた。

その3枚の中で、よく覚えている曲は、やはり"Don't Fear The Reaper"、"Godzilla"、そして、"Agents Of Fourtune"に収められている"The Red And The Black"という曲。この曲がまた、えらいカッコいいのだ。ヘドバンできる曲なのだ。まさにヘヴィーメタルな一曲だ。でも、"Don't Fear The Reaper"はポップな印象もあって、あまりヘビメタという感じではない。"Godzilla"やそのほかの曲も、今いわゆるヘビメタ、とくくられている楽曲と比べると、それほどへヴィーな感じがないものも多い。

なのに、なぜBOCがヘビメタの元祖、といわれるのか?それはどうもBOCのマネージャーが彼らの音楽をヘヴィーメタルと言っていた事から来るらしい。Wikipediaによると、ヘヴィーメタルという言葉そのものは、もともと、ジミヘンのことを書いた音楽ライターがギターの重厚な音をヘヴィーメタルのような、と表現したのが始まりとも言われている。あるいは、ステッペンウルフの"Born To Be Wild"の歌詞にあるヘヴィーメタルサンダーという言葉が語源、とも言われている。音楽的に本格的ヘヴィーメタルと言っていいのは、やはりブラックサバスやジューダスプリーストのあたりだろうか。この記事を書くために、私が当時録音していたカセットテープのリストを見ていたら(いや、当時はまめで、ちゃんとテープに番号ふって、何を録音したか几帳面に記録していたのでした^^;今とは大違いじゃ〜)、77年ごろにはHeavy Metal Kidsなんて名前のバンドまでいたようだ。当時はヘヴィーメタルがブームに成りつつあったのだろう。でも、私は結局ヘヴィーメタルの世界には足を踏み入れることはなかった。

音楽的にはどうかと思われるBOCも(いや、ヘヴィーメタルと思わずに聴けば、十分に素晴らしい。もう一度言うけど、"Don't Fear The Reaper"は名曲!!)立派にヘヴィーメタルの一端を担っているバンドだったのは事実だ。それは、当時の日本語タイトルのおどろおどろしさが十分物語っている。上に挙げたものの他にも、「吸血鬼」だの、「懺悔」だの、なんかヘヴィーメタルには欠かせないような気がしない?



さて、余談。

今も当時も、あまりへヴィーメタルには足を突っ込んでいない私だが、最近テレビで『ヘビメタさん』というそれこそヘヴィーメタル好きの人が見たら泣いて喜ぶ番組を発見した。私が見たのは、マーティーフリードマン(メガデスの人、私、よく知りません^^;)と八代亜紀のコラボ。演歌とヘヴィーメタルとは、これまたけったいな組み合わせと思ったが、面白かった!!意外に合うじゃん!!こんなことするこの番組、最高じゃん!!と思って、ヤフーのブログで宣伝しまくった。そうしたら、何と、この番組、9月で終わる、というじゃあないの!!ん〜、もったいな〜い、こんな面白い番組ないのに。。。
と、思っていたら、テレビ東京にヘビメタさん存続希望の署名を送っているサイトがあるので、私も署名してきたDEATH!!リンクフリーだというので紹介するDEATH!!

ヘビメタさん存続希望署名サイトはこちらより

BGM: B'z "Fly The Flag"
posted by tomtomradio at 01:41| Comment(10) | TrackBack(1) | 好きな曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。