2005年08月26日

CAN 、進みすぎた「プログレ」バンド

60年代末から70年代にかけて活動していたにもかかわらず、私が最近初めて聴いたドイツの「プログレ」バンド、カン。
名前は随分前から知っていたものの、なかなか聴く機会がなかった。同じくドイツのプログレ、タンジェリン・ドリームのほうがずっと有名だったし、私もそちらはよく聴いていた。カンは当時も殆どラジオではオンエアされなかったんじゃないだろうか。音楽は全く聞いた事がなかった。日本人が在籍していたということで有名だったという印象だ。

このバンドが気になったきっかけはレディオヘッドだった。レディオヘッドが2001年に来日したとき、カンの"The Theif"という曲のカバーを披露したのだ。私が行った日ではなかったので、残念ながらそれを聴くことは出来なかったのだけれど。。。当然どんな曲かも知らず(アマゾンで試聴は出来るけど、ほんの少しなのでよくわからん)、他の曲も聴く機会さえなかった。なんで、レディオヘッドとカンが繋がっているかもわからなかった。

その後暫くして、私の試聴室^^;STAR digioで、カンの特集があった。そのときはとりあえず録音して、後から聞いてみたのだが、初めて聴くカンはどうもピンと来ず、それを録音したMDは暫くの間放っておかれた。そして、つい2ヶ月ばかり前、MDを整理していて、このMDが出てきて、どうしよう、もう消しちゃおうかな。。と思い、聞かずに消すのもなんかなあ、と聞いてみたら、一曲目に入っている"Pinch"にやられた。。。なんでこれが「プログレ」なんだよぉ〜、私の知っている「プログレ」とは全然違う〜〜!!というか、30数年前に彼らが既にこんな音楽を作っていたこと自体に驚きを隠せなかった。

多分、彼らをリアルタイムで聞いていたなら、私はカンを好きになることなんて到底出来なかっただろう。いや、20年前でも駄目だったかもしれない。実際、初めてカンを聞いたときでさえ、わからなかったのだから。。。それなのに、なぜ今カンに目覚めたんだろう、と考えてみたら、ここ何年かの間に私は自分が音楽から離れていた90年代を中心に再び洋楽を聴きまくっているのだけれど、それが大きいかなとふと思った。つまり、カンの音楽はレディオヘッドをはじめとして今現在活動しているミュージシャンたちに引き継がれているのだ。だから、カンを聴いて古いとは思わなかった。むしろ、今でも聴ける音楽だと思った。今現在活躍している人たちのCDに混ぜて聞いてもおかしくない。もうとっくの昔にカンはいろいろやっちゃっている。ジャズ、ブルース、ワールドミュージック、エスニックなリズム、エレクトロニカ、今ではいろんなミュージシャンが取り入れているものを既にやっちゃっている。だから、当時は「プログレ」だったのか。。。でも、当時「プログレ」から感じられたクラシック臭は全くしないところがカンの面白いところでもあり、「プログレ」を聞いていた人たちにあまり受け入れられなかったわけでもありそうだ。

もちろんカンの音楽すべて新しい感じがするわけでもない。時々すごいのがある。"Soundtracks"に入っている"Tango Whiskyman"は、ダモ鈴木が歌うもろ60年代の歌謡曲、ザ・ピーナッツが歌ってもおかしくない王道のメロディ。ただ、バッキングの音楽は凄いことになっているので、面白さ倍増である。

まだまだ私はカンを聴き始めたばかり。だから私にとってカンは「ニュー・カマー」のひとつだ。ちょっと年取っているけどね^^;

レディオヘッドがカンを演った理由は、今考えれば、この後出した"Hail To The Thief"に引っ掛けてのことだったのかな。。。いや、でもあの頃はまだこのアルバムは録音していないから適当に思いついただけ(^^ゞ私には、まだレディオヘッドがどのようにカンの影響されたかはわからないけれど、でもジョニーはかなりカンに影響を受けていそうだ。カンの"Soundtracks"のライナーノートに、彼らが映画音楽としてやった中で、短波ラジオの音を取り入れたと書いてあったのだが、まさにジョニーはステージでラジオを受信してそれを音楽に取り入れてるのだ。カンのマネかどうかはわからないけれど。。。



BGM: Can "Peking O"
posted by tomtomradio at 00:37| Comment(10) | TrackBack(2) | 温故知新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

掲示板です♪

何処にコメントしていいかわかんないとか、あるいは、ご意見、ご要望などあれば、この記事にコメントしてね(^o^)/

2005年08月19日

ブログ登場!

レディオヘッドのファンサイトのニュースに、radiohead.comにブログが登場したとの速報が。。。早速見に行きましたとも!!。。。なんともシンプルなブログ♪

昨日の時点では、トムの書き込みがあり、EMIとの再契約はない、とか、まだレコード会社が決まっていないとあったそうだ。でもこの書き込みは既に消されて、今はトムの書き込みと、昨日、今日と投稿されたコリンの書き込みがある。フィルとジョニー(スタジオでキーボードの前に座っている)と、森を彷徨うトム、エド、フィルの写真もある。トムによると、木曜日からスタジオに入る(ということは、既に入っている)らしい。

メンバーが投稿することで、リアルタイムでバンドの動向がわかるのって凄い!!以前、Kid Aの製作時にエドが公開日記を書いていたらしいが、今回もそうなるんだろうか。何かわくわくしてきちゃう!!ん〜アルバム(になるかわからんけど)が待ち遠しい〜〜〜!!

BGM: Crosby, Stills & Nash "Wooden Ships"(from a film "WOODSTOCK")
posted by tomtomradio at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | radiohead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

Lee Ritenour 30年。

先週の新聞に載っていた記事。なんでも、リー・リトナーはデビュー30年だそうだ(汗)デビューから数年の頃を知っている私って、じゃあ。。。まあ、それはさておき、リトナーはその昔結成していたジェントル・ソウツ(カナで書くとヘン、Gentle Thoughtsです)をリユニオンして来日公演を行ったようだ。

今のリトナーは全然聴いていないので、動向も何も知らないのだけど、ちょっと前に驚愕のニュースを聞いて久しぶりにリトナーの名前を目にした。それは、そう、あのANRIとの婚約。。。何処でどうつながってんだか知らんけど、まあ、驚きました。。。それはおいといて、リトナーとジェントル・ソウツ、当時はよく聴いた。来日公演にも行っちゃった。偶然だけど、この前本棚を整理していたら、古い箱からそのときのチケットの半券がでてきた。日付は、10月6日(金)サンプラザホール、とある。中野サンプラザだ。でも、年号が書いてない。だから正確に何年だったかはよく覚えていない^^;

このときのライブはその頃行ったどのライブより、凄く印象に残っている。実に音が良かったのだ。席は2階席(しかもC席なんて書いてある)で、ステージを見下ろす感じのところだったのだけど、最初の音が鳴った瞬間、なんともいえない音の透明感を感じて、ちょっと震えが来たくらいだった。これは今まで聴いてきたライブとは全然違っていた。たいていのライブって、音を大きくしようとして、割れちゃったり、変な残響があったり、音が篭っていたりしていたものだったけど、リトナーのライブは音に関しては私が思うにパーフェクトだった。ライブで、こんなに素晴らしい音を聴けるとは思っていなかったので、もうそれだけで感動物だった。もちろん演奏も素晴らしかったから、よけいにそう感じたのだと思う。これがS席だったらもっと凄い音が聞けたんだろうか。。。ともかく、こんなに純粋に音のいいライブにはその後も出会ったことはない。

さて、リトナーのチケットと一緒に、他のライブのチケットも数枚出てきた。Stuff、New York All Stars、Ben Sidran、それとチラシだけだがPat Metheny Group(実際行きました)。どれも当時よく聴いていた面々だ。この頃はロックというより、フュージョンを中心に聴いていた。他にもロック関係はライブに行った覚えはあるのだけど、チケットは残っていなかった、いや、もっと捜せば出てくるかもしれないけど。。。

当時のチケットの値段を改めてみて驚いた。リトナーがC席で1800円!!驚異の安さ!!S席でも多分3000円くらいだったはず。他のチケットを見ても、StuffがS席3000円、Ben SidranがS席2500円、Pat MethenyがS席3000円、A席2500円、B席2000円だって。。。値段で席が分かれているのもなんか時代を感じさせる。ああ、こんなにチケットが安い時代もあったんだ、もっと沢山行っていればなんて思うけど、そのときは学生だったからどんなに安くても、そんなに簡単にライブに足を運べなかった。

しかし、今の時代、チケット高すぎないか。。。どんなに後ろでも最前列でもたいていのライブは同じ値段だもんね(ーー;)



BGM: Fatboy Slim "Build It Up, Tear It Down"
posted by tomtomradio at 16:56| Comment(2) | TrackBack(1) | これで育った70年代前後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。